• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
運航停止から6年、黄浦江遊覧船の運航再開で4時間の旅をディープ体験
 
2018-05-15
 

外灘(バンド)の歴史ある世界各国の建築群、陸家嘴の超高層ビル、国際会議センターなど。5月12日、運航停止から6年が経った「黄浦江遊覧(浦江游覧と略称)」(十六鋪―呉淞口)の遊覧航路で運営を再開した。浦江遊覧船は、乗船券一人350元、現在テスト運営期間として、割引価格の280元である。週末の土日午前11時30分から十六鋪埠頭を出港し、ゆっくりと北上して呉淞口まで、その後Uターンして出発地点に戻る、所要時間約4時間。

遊覧船の上陸地点は中山東二路481号十六鋪埠頭で、乗船券の改札後、順に乗船する。遊覧船は合計3階、最上階は半開放スペースで、観光客はここで直接黄浦江両岸の美景を眺めることもできる。2階の中間部分は客席が設けられ、疲れを癒す或いは静かに美景を眺めるのに最適。遊覧船での体験コーナーとして、遊覧船2階にはしん粉細工、飴細工、切り絵などの民間工芸伝承者によるインタラクティブ実演もある。復路では、遊覧船の1階でマジック、変臉(川劇の独特の技)、チャイナドレスショーなどのステージもある。

遊覧船で上海の観光スポットを眺めるのも大きな特徴である。遊覧船の航路に沿って、外灘の歴史的建築物群、東方明珠(東方テレビタワー)、金茂ビル、上海ワールド・ファイナンシャルセンター(上海環球金融中心)、上海タワー(上海中心大厦)、国際会議センター、高橋製油工場、穀物倉庫、国際旅客輸送センター、白玉蘭広場、楊樹浦水厰(水道局)、楊浦大橋、楊浦発電厰(発電所)、共青森林公園、閘北水厰、上港九区、十区コンテナ埠頭、海軍埠頭、呉淞炮台、呉淞「三挟水」景観などを経由する。

中高レベルにポジショニングした「呉淞口」航路はよりディープな体験に重点を置く。4時間の運航の中で、観光客は両岸の美景観賞と同時に、重要観光スポットに到着するごとに、ガイドによる音声案内を開始する。

データによると、2017年以前、浦江遊覧の年間乗客数は基本的に述べ300万から330万人を維持し、1日平均乗客数は延べ0.82万人ほど。観光収入は市全体のわずか0.05%であった。これに対して、パリ、ニューヨークの水上遊覧観光客数は全体の10%以上に達する。上海市観光局(旅游局)は大まかな調査研究を通して、世界的なウォーターフロント観光の多くは多コース航路、多種の船型、多様な乗船価格、多元的な体験などの豊富な水上観光コース体系を形成している。しかし、既存の浦江遊覧コースは単一的で、水上遊覧、陸上観光の各自経営、単独競争に加え、沿線観光機能エリアの開発参与もばらばらで、観光公共サービス体系とサービス標準、関連サービス施設において立ち遅れが目立つ。

運航の復活により、浦江遊覧は新しい選択が増えた。今回就航する「浦江遊覧2号」は、客席数450席で、乗客によりゆったりと快適な遊覧環境を提供し、各船の乗客定員数は150人とする。

今後、浦江遊覧を運営する上海浦江游覧集団有限公司はよりテーマのあるより多くの航路を開設し、今年夏休みには「親子コース」も就航を予定する。このほか、上海浦江游覧集団有限公司は多くの観光客からの意見を収集し、コース、ステージ内容に対する調整を行うことになっている。