• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
軌道交通14号線浦西初区間貫通、 18号線の全駅26カ所を着工
 
2018-05-08
 

上海の地下鉄運営会社「上海地鉄」は、建設中の軌道交通14号線臨洮路から金園五路区間の上り線シールド作業がこのほど貫通し、14号線浦西区間における初区間が貫通したと発表した。これと同時に、18号線第1期工事は全面的に土建施工段階に入り、全ての26駅で着工され、そのうち7駅ではすでに構造の天井封鎖作業も行われている。この2本の軌道交通は2020年年内の開通を目標に急ピッチで作業を進めている。

14号線:地下鉄2号線と2駅で乗り換えが可能

建設中の14号線はこのほど臨洮路から金園五路区間の上り線シールド作業全長1.4キロが貫通した。多くの橋脚と通信、電力非開削パイプラインを通過するため、建設業者は厳密な保護プランを制定し、最終的にトンネル区間の破損、漏洩のない貫通を実現し、パイプライン規格の統一した、高品質のシールド施工となった。

建設中の14号線は嘉定区、普陀区、静安区、黄浦区、浦東新区の行政区5カ所を経由し、全長39キロメートル、合計駅31カ所を設置し、全線が地下鉄路線となる。完成すれば、上海市は浦東、浦西をつなぐ、黄浦江を往来する地下鉄を更に増設し、1日あたりの最高乗客数を記録する地下鉄2号線の緊張状況を効果的に緩和し、地下鉄交通網の全体効果を高める。14号線は多くの乗り換え接続地点を設け、2号線との乗り換えが可能な2カ所の駅を設ける。

現在地下鉄駅建設中の金園五路駅のメイン構造は天井封鎖作業を順調に完了。同駅は14号線の中間駅となり、曹安公路、金園三路の交差点に位置する計画である。金粤路駅も施工中である。

18号線:竜陽路駅は地下鉄3本との乗り換えが可能

建設中の18号線は、宝山、楊浦、浦東の3区を縦断し、南北向けに、全面的に土建施工段階に入り、全ての26駅で着工した。近日、18号線の御橋駅のメイン構造は最終段階における天井板のコンクリート成型の完成を宣言した。施工現場において、浦東新区御橋路、御青路の交差点に位置する御橋駅は全長223メートル、地下3階のサイド式構造で、運行中の軌道交通11号線とT字に交差し、18号線の基礎杭掘削作業は同駅で最も厳格にコントロールされ、運行中の軌道交通11号線の保護が必要とする。このため、施工側は精密に計画し、技術から管理まで、事前にリスク監督コントロールを行い、御橋駅のメイン構造の納期通りの完成を確保した。

軌道交通18号線一期工事は宝山区長江南路駅を始発駅とし、長江南路—何家湾路—国権北路—国権路—江浦路—民生路—世紀公園—白楊路—蓮渓路—御青路—滬南公路、浦東新区の航頭鎮までとする。路線は全長約36.8キロ、26駅を設置し、全線を地下鉄路線とする。18号線は宝山区、楊浦区、浦東新区などの行政区3カ所に及ぶベットタウンを経由する。

建設中の全線には長江南路駅(軌道交通3号線と乗り換え)、殷高路駅、上海財経大学駅、複旦大学駅、国権路駅(10号線と乗り換え)、撫順路駅、江浦路駅(8号線と乗り換え)、江浦公園駅(12号線と乗り換え)、平凉路駅、丹陽路駅、昌邑路駅(将来的に14号線と乗り換え)、民生路駅(6号線と乗り換え)、楊高中路駅(9号線と乗り換え)、迎春路駅、竜陽路駅(2、7、16号線と乗り換え)、芳芯路駅、北中路駅、蓮渓路駅(将来的に13号線と乗り換え)、御橋駅(11号線と乗り換え)、滬南公路駅、周浦駅、繁栄路駅、沈梅路駅、下塩路駅、鶴立西路駅、終点・航頭駅を設置する。

将来的に18号線が完成すれば、五角場シティサブセンター、航頭大型保障住宅社区などの重要エリアの開発建設の支援に役立ち、地下鉄交通網の乗り換え機能を増強させる。同時に、黄浦江を南北に縦断する重要な通過路線として、黄浦江を往来する利用客の混雑緩和にとって積極的な役割を果たす。