• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
百年の歴史をもつゴシック式スタイルの徐家匯カトリック教会、
12月16日から再公開へ
 
2017-12-13
 

2年以上にわたった全面封鎖による修繕を経て、上海徐家匯カトリック教会(徐家匯天主教堂)がようやく公開を迎えることになった。大量の歴史的文献の考証、修復復元作業によりゴシック式の大聖堂の歴史的スタイルが再び蘇り、保護建築物の壮大な美しさを再現した。

徐家匯天主堂は上海最大のカトリック教会で蒲西路158号に位置する。西から東に平面に十字型を描き、フランス中世のゴシック式教会のような、赤いレンガ壁、白い石柱、青みがかったグレーの石づくりの瓦屋根で、2棟の時計塔が南北に対峙して高く聳え立っている。

徐家匯カトリック教会は巨大な規模で、美しい造型、繊細なディテールで、当時上海の第一建築物と称えられた。上海のカトリック発祥の地として、正式名称は「St. Ignatius Cathedral」(聖・依納爵主教座堂)。カトリック教の上海地区の司教所在地である。

天主堂は清光緒三十一年(1905年)から建設を開始し、宣統二年(1910年)に完成。完成後からすでに100年以上の歴史をもつ。1世紀以上にわたって、教会は歳月の風化により破壊状況も深刻化。数回にわたって外側の立面と構造の修繕により一部は原形を食い止めた。

今回、大規模な修繕プロジェクトがスタートし、プロジェクト設計側は大量の時間をかけて文献資料をチェックし、修復復元プランを確定。時計塔はイタリアのシェルモザイクタイルを復活させて、建築ボディには赤い清水レンガで補修した。元々普通ステッカーが貼られていたガラス窓は彩色上絵を施した精巧で美しいガラス窓に復元され、教会のストーリーをより再現し、光と影が鮮やかに聖堂全体を映し出している。

教会内の大祭壇も建設当初のスタイルにより、主神の座を更新した。徐家匯カトリック教会全体は今月16日から正式に公開され、今年のクリスマスには盛大なクリスマスセレモニーが行われる。