• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
上海ガニ「大閘蟹」上海市内で少量発売、陽澄湖大閘蟹は23日から水揚げ開始
 
2017-09-13
 

「西風が吹くと、カニの足が痒くなる」(秋風起、蟹脚痒)。9月に入り、くいしんぼうは上海ガニ(大閘蟹)が恋しくなる。このほど、上海ガニ市場で取材したところ、街の水産品売り場ではすでにわずかながら上海ガニが売り出されていた。しかしながら、大型の卸売市場でのまとまった販売はまだ始まっていない。今年の陽澄湖大閘蟹は9月23日から水揚げが開始される。陽澄湖大閘蟹を食べたい人たちはもう少し辛抱するしかない。地元の崇明ガニは「中秋の名月」と重なる国慶節(中国建国記念日、10月1日)連休期間に発売となる。

上海ガニと言えば、先ず思い浮かぶのは陽澄湖大閘蟹。しかし、正真正銘の陽澄湖大閘蟹を食べたいなら、早くて2週間ほど待つ必要がある。蘇州市陽澄湖大閘蟹行業協会がこの前発表した情報によると、今年の捕獲解禁日は、昨年と同様の9月23日である。

昨年と比較すると、今年の大閘蟹生産量は大幅に減少する見通しで、陽澄湖の「3年生態最適化行動計画」の初年度に当たり、今年陽澄湖周辺で養殖された大閘蟹の養殖面積は昨年3.2万ムー(1ムー=666.7平方メートル)から半分の1.6万ムーに減り、1ムーあたりの生産量は上がったが、全体の生産量は大幅に減少する。同協会の厳金虎氏のインタビューでは、昨年の陽澄湖大閘蟹生産量は2,100トンであったが、今年は合計1,500トン以下だと予測した。

生産量が減ったが、今年大閘蟹の品質は昨年より良い。中国高級水産工程師の楊維竜氏は、全体的な状況は楽観的である。養殖面積の縮小影響を受け、全体生産量は減少したものの、今年、カニのサイズは大きく、品質も過去よりいいとコメントした。陽澄湖の大手養殖業者は、今年、湖内には酸素供給施設を増設し、カニの生活環境をより快適にしたため、カニのサイズも昨年よりいくらか大きいと明かした。

生産量の下降に加え、今年の中秋節(中秋の名月)は10月4日で、業界内では今年の陽澄湖大閘蟹の価格は下がらない。特に今年産地の水揚げ価格は昨年を上回るという。

オンラインショッピングでは、ある有名ブランドが大閘蟹の販売を開始した。その発売された大閘蟹ギフト券は種類も豊富。大まかに言えば、10匹セット、8匹セット、6匹セットの3種類。これらのセットには、カニのサイズによって更に規格が分類される。たとえば「10匹セット」のギフト券はそれぞれ8つの品種に分かれ、価格は最低で598元セットで、「雄3両(1両=50グラム)、雌2両の各5匹」と表示されている。最も高価なもので、4,688元セットで、「雄6両、雌4.5両の各5匹セット」。製品品質で勝負するほか、鮮度の良い大閘蟹の配送速度がキーを握る。多くのオンラインショップでは「当日水揚げ、当日発送」、「発注後24時間以内に到着」、「死んだカニは弁償する」としている。同時に、蟹脚を結ぶ縄の重量に疑いをもつ消費者に対して、「縄の重量は含まない」という説明を特記する業者もある。