• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
浦江郊野公園「奇跡花園」で9月15日から秋季芸術花展を開催
 
2018-09-12
 

9月15日から11月18日まで、浦江郊野公園「奇跡花園」エリアでは秋季アートフラワーショー(秋季芸術花展、Autumn Flowers & Art)が開催される。9月11日行われた報道メディア関係者への公開において、展覧会は現在レイアウトが行われ、世界中から100種類以上、200万本の貴重な植物が使用されることがわかった。

主催者側は、今回のフラワーショーのテーマは「花ことばで星に願いを 叔父さんが同行して奇跡の花園を大探検(花語星愿同道大叔探秘奇跡花園)」である。展示エリアは面積43万平方メートル、多くの様々なアート的特徴を備えたテーマガーデン、1万平方メートルに及ぶ超大型立体奇跡のフラワー絨毯、1,500平方メートルの垂直花卉展、6万平方メートルの森林花畑展示エリアなどがあり、フラワー絨毯、フラワー塑像、フラワーバレー(花谷)、花の回廊、花園、花の城、花の教会などが相乗効果を与え、見栄えのあるロマンティックなフラワーパーティを構成する。

「花の妖精の城」(花精霊城堡)では「奇跡花園」の代表的な建築であるとともに、公園エリアで最高の高さを誇る景観スポットである。フラワーショー開催期間中、城の外壁は様々なカラーのアフリカホウセンカ、ペチュニア、紅緑草、セキチク(カラナデシコ)などの植物で完全に覆われ、まるでガウディの幻想的な建築のようである。城の上に立つと、そこは「奇跡のフラワー絨毯」を見渡すベスト観賞スポットで、美しい瞬間を切り取る記念撮影のベストポイントでもある。「奇跡のフラワー絨毯」は1万平方メートルにわたった生花で構成される「愛の願掛けツリー」のデザインにより、園芸師たちが植物の高さ、色、種類、開花持続期間を丹精込めて精確に測り、大地の上に、見応えのある彩り豊かで美しい植物のトーテンポールを造り出した。

4種類による異なる花園には、ツツジとガクアジサイ、水生植物、盆栽、青果などの品種をそれぞれ栽培し、入園者に様々な花園の異境を体験させる。そのうち、芸術家のモネの作品にちなんだ「モネガーデン」では公園エリア内の水域に設計された生態水生植物園を特徴とし、インパチェンス(アフリカ鳳仙花)、ダッチアイリス、オランダカイウなどの各種の水生植物で構成された水に浮かぶ花が点々とあり、まるでクロード・モネの名画「日本橋と睡蓮」のような光景である。

もちろん、入園者はフラワーショー開催期間中、花畑に包まれる。展示エリアのいたる所に艶やかなに咲き誇るブーゲンビリア、花の妖精の城付近では一片に広がったニューギニアホウセンカなど。「緹香•花神レストラン」の北側は秋菊の観賞スポットである。また、「湖畔・花影レストラン」の西側はヤナギハナガサの観賞スポットで、「種子城・花丘」、水岸花園と公園エリアの各処にはコリウス、ダリア、ヒマワリが開花している。園内スタッフは、9月20日から10月30日までがフラワー観賞のベストシーズンであると紹介する。

同フラワーショーは引き続き植物アートの業界を超えた展示路線を貫き、世界の有名芸術家の名作を導入して、植物に融合させる。入園者は著名油絵芸術家・朱存偉氏による油絵作品を鑑賞することもでき、植物フラワーアートの技巧とパーフェクトに融合。幻想的なフラワーバレー(花谷)景観スポットでは「花間記」油絵・フラワーアートの業界を超えたインスタレーションアートを展示する。

四川美術学院彫刻科を卒業した注目の若手彫刻家・李永涛氏が、水岸花園の景観スポットでは世界でもユニークな不思議な「梢上の夢」と題したトンボの風力発電インスタレーションアート「微風徐徐(微風がゆっくりと)」を展示し、特殊な素材で制作した鏡に映ったトンボが、青空、白い雲に照らされ、オルゴールの軽快な音楽に合わせて風の中でリズミカルに躍動する。

このほか、主催者側はアートキュレータで、建築家・呉迪とハリウッド映画のシーン撮影で有名なジェームズ・ジョーンズ(James Jones)監督による「花虫物語」の1シーンによる科学普及と趣味のインタラクティブを組み合わせたイマーシブ式展示もある。科学普及展示はA、C館の2カ所の分かれ、A館では「芸術家の視点による花」をテーマとし、キク、スイレン、ヒマワリ、アサガオなどの植物によるインスタレーションアートシーンを構築した。C館では「昆虫の視覚」をテーマとし、こどもたちと一緒に「ミツバチの視界による冒険記」、「幻想的なチョウチョの谷」、「アリによる小人の国の休日」、「クモによる夢盗難空間」など昆虫の世界に進入する。

同フラワーショーの入場料は30元、科学普及館、ステージなどのプログラムは別途入場料が必要。フラワーショー開催期間中、浦江郊野公園「奇跡花園」エリアでは1日最高5万人の入場が可能で、瞬間入場者数を2.5万人に制限する。入場者数が多い場合は、早期警戒、入場制限を実施し、保安パトロール員の増員などの措置をとる。