• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫ 2017年最も美しい春に出会う 上海年間イベント HOME

2017金山フィールドフラワーフェスティバル(金山田野百花節)

開催日:3月18日-5月6日
場所:金山区吕巷鎮賞花核心区の各観光スポット


3月の金山は、春の花が色とりどりに満開になる。2017金山フィールドフラワーフェスティバル(金山田野百花節)は、「田園に花々満開で、カントリーの無限の魅力」というテーマで、主に数万人の市民・観光客の金山のイベント、オンラインショッピングの蘇寧易購(suning.com)金山館開館、上海国際フラワー展と連動したイベントを起動し、フラワークィーンコンテスト(百花仙子)、千人によるフィットネスヨガ、廊下詩詞大会、開花上海園シェア会などの多くのテーマでイベントを開催する。また、観光のベストコースは花香古鎮コース(吕巷金石公路の賞花(フラワー観賞)核心区—東林寺—楓涇古鎮)、花径農家コース(金石公路の賞花核心区—廊下生態園—草莓(いちご)学苑)、花畑グルメコース(金石公路賞花核心区—金山シティビーチ(城市沙灘)—金山嘴漁村)を用意する。

2017上海オートカルチャーフェスティバル

開催日:4月7日-5月10日
場所:嘉定区安亭·上海国際汽車城


2017上海オートカルチャーフェスティバルは主に素晴らしいレース(F1中国グランプリ、上海レース場春夏シーズン)嘉定テーマパークイベント(四季上海・風情嘉定インタラクティブ展示、安亭・魅力オートシティインタラクティブ展示、大舞台総合展示ステージ)、「レース観戦・嘉定観光」オートカルチャーテーマ体験の旅、及びビジネス会議(オートカルチャー産業発展フォーラム)などを含む。

十六鋪水岸·時光弄堂

開催日:即日から
場所:黄浦区十六鋪水岸·時光弄堂


「時光弄堂(なつかしい下町)」会場がこのほどウォーターフロント施設・上海外灘十六鋪水岸で新たにスタートする。時間を超えて1930年代のオールド上海の門を開けば、この時代の歴史文化の魅力が満載。ドラマ「上海灘」の登場人物と共に30年代の紆余曲折を体験できる。

「酔」美しいオールド上海の夢追求シーズン

開催日:即日から5月30日
場所:上海影視楽園(撮影パーク)


上海の軌道電車に乗って、1930年年代の南京路を遊覧し、モダンでクラシックな絶技武術のステージを観て、現在ロケ現場で撮影中のスターたちに出会い、更に、当時「東アジア第一」と言われた百楽門ダンスホール、永安城を参観し、「民国の牢獄」を探検し、オールド上海の鉄道駅を体験して、当時人気だった新しい上海の味を堪能しよう。

2017上海ツツジ展松江会場

開催日:4月至5月
場所:上海方塔園、上海醉白池公園


上海方塔園、上海醉白池公園は2017上海ツツジ展のサブ会場として、観光客は红装素裹、玉霜、秦月、銀辺花牡丹、関中王、丹頂、粉霞などのなじみのある品種だけでなく、更に小青蓮、粉珊瑚、白屏幅、大朱砂、粉粧楼、錦袍などの珍しいツツジもみられる。フラワー展開催期間中、更に各種のカルチャーイベントを開催し、市民の参加を呼びかけ、美しいツツジの景色と楽しいイベントを同時に満喫できる。

色とりどりの5月のバラと約束

開催日:5月1日至6月15日
場所:香薇玫瑰庄園


香薇玫瑰庄園は五庫農業休閑観光園内にあり、敷地面積合計30万平方メートル、そのうち、中心の玫瑰(バラ)園区は敷地面積15万平方メートルで、観光客は原種バラ、香水用のバラ、つる状のバラ、クラッシックバラ、現代的な切り花など約400種類の中国国内外からのばらの品種を観賞できる。約1万平方メートルにわたった芝生では、農家からの直販野菜の試食、バーベキュー、春のキャンプに格好の場所で、夜になればキャンプファイヤーもあり、オリジナルの土製バンガローにおいて自分で調理した正真正銘の農家の家庭料理を味わうことができる。

新浜牡丹祭

開催日:4月10日から5月中旬
場所:上海新浜牡丹園


新浜牡丹園は、上海市最大、最多品種が栽培されているボタン園で、園内には4万本以上のボタンが栽培され、赤、黄、ピンク、黒など9種類の色のボタンがあり、そのうち、16本は100年以上も咲き続けている「百年牡丹」と言われ、主な品種は、「白玉」、「紫雲仙」、「大富貴」、「黒紫蓮」、「趙ピンク」、「豆緑」などがある。

サクラ、モモ、菜の花、ナシの花

開催日:3月27日から5月20日
場所:サクラ(佘山辰花路の道端、上海辰山植物園内)、モモの花(佘山西側の九江公路両側)、菜の花(佘山、浦南地区の田畑あぜ道)、ナシの花(上海倉橋水晶梨基地内)


春の季節の松江区は、各種の花鉢が満開に競い合っている。九江公路の両側一帯にはモモの花、黄浦江上流の江堤沿線には1,000ムー(約67万平方メートル)にわたってナシの花、辰山植物園内、辰花路の道端のサクラ、佘山、浦南地区の田畑のあぜ道には菜の花(アブラナ)が至る所に咲いている。フラワー観賞のほか、更に上海倉橋水晶梨基地内では現地で会員に加入すれば、ナシの木の植樹栽培イベントにも参加できる。

音悦佘山

開催日:5月13日、14日の午後と夜の部
場所:上海辰山植物園


辰山グラスラジオミュージックフェスティバル(辰山草地広播音楽節) 2012年に創設された辰山草地広播音楽会(ラジオコンサート)はすでに5年目に突入。2015年のコンサートから「辰山草地広播音楽節」(ミュージックフェスティバル)としてグレードアップし、すでに中国でチケット販売量最大の野外クラシック音楽の祭典となっている。

上海金山シティビーチ国際サンドアート展

開催日:2017年通年常設
場所:金山区城市沙灘


金山城市シティビーチサンドアート展(沙灘沙雕展)は61組のサンドアート群、合計80シーンから成り、作品は最高約10メートルで、最長約30メートルに達し、現在、国内サンドアート会場で最長の長さをほこる国際サンドアート展である。今回のサンドアート展はオールド上海の歴史を背景として、当時の人文情景を描き、サンドアートによる上海近代史を表現している。

長風海洋世界シロイルカ劇場、グランドオープン

開催日:3月-6月
場所:普陀区長風公園上海長風海洋世界


上海長風海洋世界(水族館)には10,000匹以上、300種類以上の水生生物が生活している。こどもたちは自分の手で柔らかい海洋棘皮(きょくひ)動物たちに触れたり、カワウソたちと仲良く遊んだり、更には独自の潜入設計による泡の水槽で海底の奇妙な世界を観賞することもできる。今春、新たに開設された北極界の不思議な旅では、皆にかわいい小さなホッキョクグマを大公開。遥か彼方の北極の氷に閉ざされた壮大で美しい風景を感じながら、目にも鮮やかなシロクジラのステージを繰り広げる。今年3月にシロイルカ劇場はグランドオープンしたばかりで、「イルカの奇妙な視界」ではパノラマ大スクリーンで生き生きとした北極の世界を映し出し、3頭のかわいいシロイルカの北極海における不思議ですばらしい仲間の集団生活を紹介し、我々に美しい歌声を捧げ、ステージの中で皆と戯れるチャンスを与える。

閔行体育公園「1,000メートルのフラワーロード」

開催日:3月下旬から4月下旬
場所:閔行区閔行体育公園


「1,000メートルのフラワーロード(千米花道)」は閔行体育公園内の外環状線生態緑地帯に位置し、全長約1,000メートル、総面積36,000平方メートルである。フラワーロード内には様々な春に花を咲かせる低木3,500本、春の花40,000株が栽培され、そのうち、ハナカイドウ(枝垂れカイドウとも呼ばれる)、日本の早咲き桜、ハナズオウ、ユキヤナギ、紅運モクレン(シモクレン)、モモ、ナシ、アンズ、チューリップ、菜の花、オオアラセイトウなどの多種の植物も見られ、まるで立体感のあるフラワー観賞の時空である。

2017上海ハッピーバレーのかわいいペットのピクニックシーズン

開催日:4月2日-5月21日
場所:上海ハッピーバレー(上海歓楽谷)


「2017上海ハッピーバレー(歓楽谷)かわいいペットのピクニックシーズン」は江蘇省・浙江省・上海市の郊外ピクニック観光客が集まり、観賞、インタラクティブ、体験、消費などの内容を集めた春の「楽しさ」あふれるピクニックシーズンを開催。開催期間、ハッピーバレーの園内全体では20万本の風車と様々な花による美しく壮観な風車の花畑を新設。ペット界のスーパースターたちを招待し、ブームのペット展を開催し、スマートミニサーカスのクールなステージ及び貴重な多肉植物の「萌え」展もある。

田園収穫

開催日:3月27日から5月20日
場所:野菜の収穫(新浜、帰原田居)、桑の実の収穫(奕方農業)、ブルーベリーの収穫(浦江藍藍莓園、楽莓園、新浜藍莓基地)


浦南新浜鎮にある采摘園と許村路沿線では、春にはイチゴ、ミニトマト、ブルーベリー、アスパラガスなどの野菜や果物が収穫できる。五庫農業観光園内の帰原田居有機農場で収穫される主な野菜は、チンゲン菜、ハン白菜(杭白菜)、レタス、鶏毛菜(ジーマオツァイ)、ホウレンソウなどがある。5月初旬から、泖港鎮にある奕方農業では、200ムー(約13万平方メートル)の桑の実が徐々に最盛期に入り、もぎ取ってすぐに食べると、心も大満足。5月1日「メーデー(労働節)」の小型連休期間、ブルーベリーの大棚25カ所を保有する新浜藍苺基地では本格的に観光客向けに開園する。6月初旬、「浦江藍藍苺園、楽苺園のブルーベリーの収穫シーズンが開幕し、甘酸っぱくおいしいブルーベリー等の試食を楽しむこともできる。

2017上海国際コウシンバラ展

開催日:4月27日至5月20日
場所:上海辰山植物園


コウシンバラ 約800品種、栽培面積約50,000平方メートルに、高級園芸、樹状コウシンバラ、高級コウシンバラ、国際コウシンバラ、つる性コウシンバラ、欧州バラ、ミニバラ、及び新種のコウシンバラの八大メイン展示エリア及びコウシンバラの彫刻、ロマンティックフラワーアーチ、コウシンバラのフラワーボーダー、愛情リトルタウンの景観造型4カ所を設置。芝生の音楽祭、ドリームウェディング、ビーナスミーティング、キューピット探し、春のフォトコンテスト、バラクリエイティブ工房、演芸大講堂、コウシンバラ鉢植えコンテストの8つの大型テーマイベントも開催する。

上海紡績博物館「チャイナ服制度の文化財——中国ミャオ族の刺繍」展覧

開催日:即日から5月10日
場所:普陀区上海紡績博物館


このほど、上海紡績博物館と贵州省民族博物館が共同で主催する「華服制度の文化財——中国ミャオ族(苗族)の刺繍」が開幕した。同展覧期間の2カ月間、100点(セット)に及ぶミャオ族の貴重な刺繍作品を展示する。同期に開催される独自のイベント「一展、一講、一互動(インタラクティブ)、一体験」では科学普及シリーズ活動を実施し、市民に同博物館の人気を更に高める。

2017中国座標·上海シティオリエンテーリングアウトドアチャレンジ

開催日:5月20日
場所:佘山国家旅游度假区


「上海座標·シティオリエンテーリングチャレンジ(China Coordinates City Orienteering Challenge)」は2011年に創設し、今年で連続5回目を開催する。シティオリエンテーリングは「都市」を競技場として、公共交通を競技コースとして、チームによる参戦形式で、到達目標をポイントとし、指定された課題をやり遂げることを競技ルールとする野外スポーツ競技であり、すでにF1上海、上海テニスマスターズ、ビリヤードのワールドスヌーカー・上海マスターズなどと並び、2015年上海市体育十二大ブランド競技に盛り込まれた。

2017上海佘山星空キャンプ祭

開催日:3-6月の金曜日、土曜日
場所:佘山森林賓館


APP「螞蟻親子游」による星空キャンプイベントはすでに数期にわたって成功を収め、保護者と子どもたちから人気がある。週末の夜、都市に住むこどもたちは星空を眺め、都市の中では見られない夜景を観賞し、昔はたくさん生息していた虫の音に耳を傾け、星空の下でダンスし、音楽に陶酔して、ゲームを楽しみ、テントの中で自然に耳を傾けよう。